FC2ブログ


スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痩せた人の生活習慣を真似る

島田紳助さんがMCをやってる「明日使える心理学!テッパンノート」というTBSのテレビ番組で、太った人が痩せた人と一緒に生活するとダイエットできるのか?という企画をやっていました。

「太った人と一緒にいると太る」という話を聞いたことがあるのですが、逆も成り立つのか?

「痩せた人」として選ばれたのは、お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎さん、ダイエットをするのは体重90キロ以上の女性タレントの方(名前を忘れてしまいました・・・)でした。

結果は、たったの1週間で約5キロのダイエットに成功!!

90キロから5キロ減ったということは、体重の5%以上のダイエットができたことになります。

体重50キロで考えると、5%は2.5キロ。

これだけの体重をわずか1週間で落とすのはすごいですね。

もちろん、元が太り過ぎていたから痩せやすかった、というのはあるでしょうけど。


一緒に生活する間、太った人は痩せた人の生活を完全にコピーします。

食事の量、食事を噛む回数、食事にかける時間、歩く距離、勉強する時間、睡眠時間など全て。

矢部太郎さんが痩せている(太らない)生活習慣としては、

・食事はよく噛んで時間をかけてゆっくり食べる
 (よく噛んで時間をかけて食べると、満腹中枢が刺激され、結果的に食べる量が少なくなる)

・野菜中心の食事をとる

・よく勉強をして脳を使う

というようなことが挙げられていました。

脳が消費するカロリーはとても大きいので、「勉強」は大事だそうです。

1時間の勉強は1時間の散歩にも匹敵するくらいのカロリーを消費するそうですよ。

テレビでは帰宅後に漢字検定の勉強などをしていましたが、「勉強」でなくても、ちょっと難しい本を読むとか、仕事でしっかり頭を使う、というのでもいいと思います。

体を動かすのが苦手な人には「勉強ダイエット」、流行るかも知れませんね。


病気でもない限り、痩せた人には痩せている理由(生活習慣)があり、太っている人には太っている理由(生活習慣)があるはずです。

この太る生活習慣を、痩せた人の生活習慣をコピーすることで改善し、ダイエットする・・・。

近くにモデルになりそうな痩せた人がいたら、是非試してみたいものですね。

スポンサーサイト


スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。