スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肥満の原因になるBMAL1

2009年1月17日放送のテレビ番組「世界一受けたい授業」で、肥満のメカニズムについて放送されていました。

夜遅くに食べると太る、夜食はダイエットの大敵、とは昔から言われていましたが、この原因が科学的に解明されたそうです。

夜遅くに食事をすると太る原因は、BMAL1ビーマルワン)という脂肪を溜め込むタンパク質にあります。

BMAL1ビーマルワン)は、1日のうちで量が変わります。

午後3時ごろからBMAL1が増え始め、午後11時~12時くらいにビーマルワンの量がピークになります。

夜遅くはBMAL1の量が多い時間帯なので、その時間帯に食事をすると太りやすくなってしまうんですね。

夕食は午後6時ごろに食べ始め、7時ごろまでには食べ終わるのが理想、とのこと。

「夕食」とは夕方に食べる食事のこと。

夜8時以降に食べる食事は、「夕食」ではなく「夜食」である、と言っていました。

どうしても夜にお腹が空いた場合は、歯応え・食べ応えがあり、カロリーが低い生野菜に塩をかけて食べることを勧めていました。

また、夜食を続けていると肥満のリスクだけでなく、糖尿病などの生活習慣病になるリスクも高まるそうです。

20代・30代に夜食の習慣をしていた人は、40代で糖尿病になる可能性が高い、とのこと。

ダイエットの必要がない若い人も、若いからと言って夜食をせずに、早めに夕食の習慣をつけるようにしましょう。

世界一受けたい授業」の中では、タレントさんが10日間18時に夕食を食べる実験をしたところ、10日間で2.6キロ減というダイエット効果がありました。

ダイエット効果もあり、健康にもよい早い時間の夕食習慣。

仕事もあるので難しいですが、やらないともったいない気がします。

また、「世界一受けたい授業」では、「肥満者は座っている時間が長い」という研究結果も発表されました。

ダイエットのために「ニートNEAT)を増やそう」という言葉も紹介されました。

ニートNEAT)とは、Non Exercise Activity Thermogenesisの頭文字で、運動以外の活動で消費されるエネルギーのことです。

わざわざジムに行ったりウォーキングやジョギングをしたりしなくても、例えば読書やテレビ鑑賞を立ったまま行う、家事に励むなどでカロリーを消費することでダイエットが可能だ、とのことでした。

ダイエットのために、

・できるだけ早めに夕食を済ませる

ニートNEAT)を増やす

ことを心がけましょう。


スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。